気持ちよく暮らしたい|賃貸では得られない良さが一戸建てにある

何にこだわるかが重要

つみき

断熱性はどうか

日本にはさまざまな気候がありますが、南海は比較的暖かい気候になっています。分類される気候は瀬戸内気候と呼ばれるものになります。この気候の特徴は、冬場は寒く夏の暑いのですが、東京や大阪市などと比べると降水量が少ないのが特徴です。それゆえ、住宅を建築するときには、乾燥に注意をしなければいけません。乾燥に注意をするためには、外の空気をできるだけ入れないことが重要になります。特に冬場は寒さも伴いますので気密性が高く断熱性を重視した住宅がよいでしょう。そうすると、気密性が高くて断熱性に優れた一戸建て住宅を建築することができる工務店やハウスメーカーを選ばなくはいけません。南海の地域は和歌山う市に近い所であれば、全国的なハウスメーカーなどを選ぶことができます。

洋風建築と和風建築

南海地方で建築をする戸建て住宅は洋風建築と和風建築のどちらがよいでしょうか。この地域は、基本的に夏場はほかの地域よりもやや暑いのが特徴です。冬は寒いかもしれませんが、ほかの地域に比べると1度から2度ぐらいは暖かいです。そのように考えると冬場の寒さ対策の住宅も重要ですが、夏場を重視した住宅にしてみてもいいでしょう。極端に寒いわけでもなく、逆に極端に暑いわけでもないので、どちらを選ぶかは好みになります。南海の夏の暑さが気になるようであれば、西洋建築住宅の一戸建てよりも和風建築住宅の一戸建てを選んだほうがよいでしょう。なぜなら、和風住宅の一戸建ては、夏場を意識して建てられた設計になっていることが多いからです。