気持ちよく暮らしたい|賃貸では得られない良さが一戸建てにある

増加する地震に備える

住宅

揺れに強い構造の家を

一戸建て住宅はどんなにデザインが優れていても、安心して住むことが出来なければ良い家とはいえません。地震大国の日本では軟弱な地盤に建つ住宅が多く、このような地盤の上で住宅を建てるには地震に強い家を作る事が重要になってきます。地震に強い家にするには構造が重要となります。最も知られているのが「耐震」で、建物を筋交いや補強器具で強化して建物の強さで倒壊を防ぎます。地震エネルギーを吸収して揺れを抑えるのが「免震」で、建物と地面の間や、基礎と建物の間にゴムなどの装置を設けることによって、揺れを建物に伝わりにくくします。それぞれにはコスト面や強度面などで長所と短所がありますが、どのような地震に強い家にするかは、自分でハウスメーカーと相談のうえ決めることになります。また、安全な土地を選択することも地震対策として重要です。

建物強度が簡単に分かる

一戸建て住宅などには、地震に対する家の強度が簡単に分かる制度があり、それぞれの建物に対し「住宅性能表示」が検査によって示されています。「構造の安定に関する事」で構造躯体の倒壊防止性能と、損傷の防止性能で最低等級の1から最高等級の3まで評価が記されています。最低等級の1といっても、現在の耐震基準は満たしたものとなっていますので、等級が高いほど国が定めた耐震基準より、さらに高い耐震性能となっていることから地震に極めて強い家ということになります。また、軟弱な地盤の上に立つ家では揺れの強さが増しますので、壁量を増やして耐力壁を多く使う事によって耐震性能をアップさせることが出来ます。また、できるだけシンプルな作りにすることでより耐震効果がアップします。皆さんも安心して暮らすために地震に強い家で暮らしませんか。